雛人形の歴史 | 出産祝いや出産内祝いに喜ばれる贈り物|気持ちを伝える一品

雛人形の歴史

幸せなカップル

女の子が一族に産まれた場合の雛人形は最初から豪華ではなかったのです

女の子の成長を願う風習に、日本では雛人形を雛祭りまでに雛人形を飾るという習慣があります。それは、買う側も売る側も1月に入ると赤ちゃんグッズを扱うお店などに売り場で出され意識をします。初めての子供や初孫ならば地域によっては母親側の親がプレゼントするなどあるようです。 そもそも、雛人形は古代中国から日本へやってきて、日本の風習と一緒になったものとされています。昔は、子供が大人になるまでの成長は大変でした。その子供が無事に大人へ成長できるようにと願って飾った物が雛人形です。最初は、紙人形で作られお祓いをして、無病息災を願い川等に流したとされています。そのうちに、豪華さをまして雛人形として3月3日に飾られるようになったとされています。

現代における用意のされ方

雛人形を買う人は、一族の初めての女の子だけではありません。何かの事情で自分の雛人形を失ってしまった人も近頃は買われるようです。それは、戦争であったり、災害であったり、理由は様々ですが、この時期にやはり、おひな様を飾って癒やされているようです。その他には、大人の女性も自分用に飾りインテリアとして楽しんでいるようです。 もちろん、初めての女の子に買われる方が大半です。買うだけではなく、自分で手作りする方もいます。ちりめんなどを使って手の込んだ雛人形はとても癒やされます。手作りキットなども近頃では出てきました。 そのうち、雛祭りに向けて幼稚園などのように自分たちでつくるような感じで、雛祭りキットを使った教室がでてくるかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加